首の後ろのうなじの部分を襟足と言います。飲食や医療関係では、清潔のため、髪の毛が長い場合は結ぶことが必要になります。しかし、アップにすると目立つのが襟足の産毛です。

襟足を気にしている女性は多い

日本人の毛は黒いために、お肌の色まで一段暗く見えてしまい、清潔な印象ではなくなってしまいます。今まで、脱毛というと、ワキや腕、脚といった人目に触れる部位が強調されていましたが、実は襟足にコンプレックスを抱く女性は少なくありません。

飲食や医療関係者だけでなく、浴衣をきれいに着こなしたいという思いがある場合などに、うなじを脱毛したいという需要がたくさんあります。

襟足をカミソリで処理するのは危ない

中には、襟足を脱毛することができるということを知らない場合もあります。うなじの産毛には悩んでいるけど、髪の毛をアップにしないといけないというケースでは、自分でカミソリを使って剃ろうとして、傷つけてしまうこともあります。

襟足は自分では見ることができない部位なので、自己処理は危険です。きちんとプロの手で脱毛してもらうことで、きれいに安全に処理することができます。

また、この部位がすっきりとすると、後姿がきれいに見えるというメリットもあります。どのサロンでも相談は無料で行ってくれるので、気になる場合は問い合わせてみましょう。

エステサロンでの襟足脱毛の料金相場

特に夏のシーズンには、襟足のムダ毛は気になります。露出の高いファッションになりますし、浴衣を着た時にも目立ちます。

キャミソールや浴衣を着た時にも、自信を持ちたいのであれば、襟足のムダ毛処理は脱毛をしてしまうのがベストです。

サロンによって料金の幅が広い

ある程度の回数は必要になりますが、毛周期に合わせて照射をすることで、毛量は少なくなっていくものです。エステサロンで襟足脱毛をする時には、サロンによって何回かのコースがあり、料金も異なります。

襟足の料金相場としては、4回くらいの回数であれば、1万5千円くらいです。安いところでは8千円くらい、高くなると3万円前後になります。12回位通うコースでは、料金相場は3万円台くらいです。

サロンによって幅が広く、2万円台から6万円台と、費用には差があります。

料金だけでなくサロンの特徴も加味して考えましょう

襟足は人からは、よく目に付く部分ですから、キレイに脱毛をして、肌も良い状態で保ちたいものです。

お手入れで選ぶエステサロンは、費用だけではなく、エステの持つ強みや良さも合わせて比較すると良いです。

肌の美しい仕上がりにこだわりを持つサロンもありますし、サロン移動ができるお店もあります。何回か通うことになりますから、サロンへの通いやすさも考えると良いです。

また、当サイトでは格安だと話題のエステサロンをまとめていますので、そこから絞っていくといいでしょう。

格安なのに実績豊富!おすすめの襟足脱毛サロン一覧

脱毛を行って抜け始めるまでの期間

女性の身だしなみの一つとして脱毛は一般的になっていますが、行うときにはエステで行う方法と医療機関で行うものの二つの方法を選ぶことができます。

二つの脱毛方法には様々な違いがありますが、そのひとつが抜け始めるまでの期間です。

光とレーザー出力の違いは抜け始める期間にも影響がある

エステでは特殊な光を使って、医療機関では医療用レーザーを使ってムダ毛を処理したいところに照射することで、黒いメラニン色素に反応させて毛乳頭などを壊していくことでムダ毛を処理していきます。

レーザーの方が出力が強く効果が高く、光は出力が弱いため毛乳頭が壊しきれずに再び毛が生えてしまうこともあります。

この出力の違いは抜け始める期間にも影響してきます。レーザーの方は1週間程度で抜け始めることが一般的で、光の方は2〜3週間程度に毛が抜けることが多いとされています。

短期間で脱毛するならレーザー脱毛で決まり

抜け始める期間はレーザーでも光でもあまり大差がないと考えられています。大きく変わるのが毛が抜け終わるまでの期間です。

レーザーの場合には基本的には照射した部分にあるムダ毛は全て処理することができ、施術後3週間〜1ヶ月ほど経てばムダ毛はほとんど処理することができます。

対して光の方は3週間〜1か月程度ではムダ毛が残っているケースがあります。これは光の脱毛効果が弱く、しっかりと毛根へのダメージを与えられない結果です。

そのため、レーザーで処理することによって短期間で完了することができ、光の場合には12回以上の回数が必要になります。

襟足脱毛の直後はほてる感じもある

エステサロンやクリニックでも、密かな人気脱毛部位であるのが、襟足のゾーンです。

再生力が高い襟足の脱毛はエステサロンやクリニックが安心!

ワキや腕、足なども人気がありますが、自分ではうっかりしがちで人目にはつきやすい、襟足は脱毛をしておきたいゾーンです。

襟足やうなじのムダ毛は、うぶ毛もありますが、案外太めの毛も多いゾーンです。そのため、再生力も比較的高めです。そのため、エステサロンやクリニックでの脱毛で、安全にスッキリさせるのが安心です。

施術後の状態と施術後に行わなければいけないケアについて

照射直後は、肌に熱がこもっていて、赤みが出ることもあります。しばらく冷却をして、帰る頃には赤みも引いているものです。

施術を受けて直後にムダ毛が抜けるものではなく、照射した部位の毛が抜けるのには、少し日数がかかります。2週間から3週間もすれば、いつの間にかポロポロと抜け落ちていきます。

施術後は、ほてりがあるくらいで、見た目には変化はわかりませんが、不安に思うことはありません。肌に熱がこもっていますから、家に帰ってからも、丁寧な保湿ケアをしてあげることが大切です。

自分では見えにくいゾーンですが、手を伸ばしてローションや保湿ジェルを塗布するケアをしてあげます。24時間は熱がこもるとも言われていますから、しっかりと保湿でうるおいを与えてあげることです。