脱毛をうける場所によって、施術に使うマシンが違うことをご存じでしたか?脱毛をするときの脱毛マシンの違いについて説明したいと思います。

当サイトでは、襟足の脱毛が受けられるおすすめの脱毛サロンを紹介しているので、併せてご覧ください。

2つの脱毛マシンの違い

皮膚科で襟足脱毛を行う場合、医療レーザーでの施術になります。これは医療機関でのみ許可されているマシンであり、エステサロンでは医療レーザーでのお手入れはできません。

エステサロンで取り扱うマシンとの大きな違いは、医療マシンであることと、出力の高さの違いです。医療レーザーは、とても出力が高く効果的です。その分刺激も感じやすく、襟足のゾーンの施術も、少し痛みを感じやすくなります。

フラッシュは広い範囲を、一気に照射するのが得意なマシンです。医療機関で取り扱う医療レーザーは、フラッシュほどのスピーディーな施術ではありません。

襟足の施術も、エステよりは時間がかかります。それでも、効果は皮膚科などの医療機関で行う、医療レーザーの方が高いですし、終了も早いです。

エステにはない医療機関の特権

襟足のゾーンは、体の中でも少し皮膚が薄いこともあり、痛みを感じやすくなります。

医療レーザーですから、尚の事痛みを感じやすくなります。痛みが苦手な人には、麻酔を使用することができるので、皮膚科での施術も不安はありません。

医療機関であるからこそ、麻酔は使用することができます。これはエステではできません。襟足脱毛をするのに、痛みを軽減するために、麻酔を使用するという方法もあります。

襟足の脱毛はカウンセリングが大事です

襟足の脱毛をする場合にはカウンセリングをしっかりとしておくことをおすすめします。

他の部位の脱毛場合はツルツルにするまで行うものですが、襟足の場合は襟足の形を整えるのが目的なのです。

形をどのようにしたいのか写真などを持っていくといいでしょう

ムダ毛なのか襟足なのかの判断はその人によって違いますので自分がこのようにしたいということをきっちりと伝えておくようにしてください。

襟足はMの形に整えると綺麗に見えるのですが、同じMでも違いがあります。写真などを撮影したりモデルの方の切り抜きの写真などを参考にして伝えるのがいいでしょう。

また脱毛が始まった後も今現在どのような形になっているのかを確かめる事が大事です。

カウンセリングでは意見や不安な点も聞いてみましょう

カウンセリングの時には自分の意見を言うことも大事ですがエステティシャンの意見も聞くようにしましょう。

自分がこのようにしたいという希望があっても実はエステティシャンの方がよりいい提案をしてくれる場合もあります。また痛みがあるかどうかなども聞いておくといいでしょう。

比較的皮膚の柔らかい部分ですので痛みを感じる方もいますが、痛みに弱いなら機器の出力を調整して痛みが無いようにしてくれます。カウンセリングで成功するかどうかが決まると言って過言ではありません。

脱毛に詳しい知恵袋のようなスタッフが頼りになる

初めて脱毛をする場合は分からないことが多いでしょう。そのような場合は、知恵袋のような存在の人に話を聞くのがおすすめです。

しかし周囲には、そのような人がいないケースも少なくないと考えられます。特に気になる人が多いのは効果に関することでしょう。

実は脱毛をするタイミングによって効果は異なります。自分でムダ毛の処理をしていて、伸びるスピードに違いを感じたことはないでしょうか。

毛周期のどのタイミングで施術するかによって脱毛にかかる期間が変わる

実は毛が成長するスピードは一定ではありません。毛周期と呼ばれる成長のサイクルが存在するからです。伸び始めてから抜け落ちるまでサイクルがあり、どのタイミングで行うかによって効果は異なるのです。

このサイクルは体の部位によって異なります。たとえば顔の近くにある毛は3ヶ月ほどで生え変わるケースが多いです。それに比べて脇毛などは、5ヶ月ほどかかるケースも少なくありません。

毛が抜け落ちるタイミングでは脱毛効果が弱まってしまう

まずは体の部位ごとの周期を把握することから始めることが大切です。どの部位であっても、毛が抜け落ちるタイミングは必ずあります。ずっと伸び続けることはありません。

抜け落ちているタイミングで脱毛をすると効果が弱まるので注意が必要です。脱毛の効果が最も高くなるのは、毛が成長しているタイミングであると覚えておきましょう。

このような知識は自分だけで調べて身につけるのは難しいです。専門のクリニックやサロンであれば、知恵袋のようなスタッフがいるので、適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。

襟足脱毛の前日に気をつけることとは

サロンで脱毛する際には、前日にシェービングしてくるようにいわれることがほとんどです。サロンでシェービングをしてくれるところもありますが、別料金になっている場合も多いです。

シェービングをしてから襟足脱毛を行う理由とは

また、シェービングをしてこなければ施術できないというところもあるので注意が必要です。なぜシェービングが必要かというと、サロンの脱毛は黒色に反応する特殊な光を当てて行うものだからです。

照射された光は毛の黒いメラニン色素に反応して吸収され、毛根と周辺組織に熱でダメージを与えます。毛が長いままだとやけどを起こしてしまう恐れがあるので、表面は剃っておき、毛根だけに黒い毛が残っているという状態にしておく必要があるのです。

サロンによってシェービングに関する対応が違うのでまずは確認しましょう

しかし襟足の場合は、シェービングをしてこなくてもよいとしているサロンが多くなっています。手が届きにくく見えない箇所なので、自分でカミソリを使って剃るというのが難しく危険を伴うからです。

また、襟足に関しては産毛のように細く薄い毛が生えていることもあり、ある程度毛が残っていないと効果が出にくいということもあります。

ただしサロンによってこのあたりの対応は違ってきますので、必ず指示をよく聞いて従うようにしましょう。また、他の部位と同じく日焼けはやはり厳禁です。