襟足を脱毛したいけど、そこまでお金を掛けたくない…というあなたに!格安なのに実績があって信頼できる脱毛サロンをランキングで紹介します。

人気ランキング

ランキング第1位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムはたくさんの店舗があるので、通いやすい場所を見付けやすいです。

女性専用サロンであるため安心感もあり、そこでは痛みの少ない脱毛を実現していて、肌へのストレスも少なく快適な施術となります。

ランキング第2位 キレイモ

キレイモ

脱毛前の冷たいジェルが苦手という方にキレイモは最適です。

マシンのヘッドに冷却装置が付いていて、照射直前に冷やしてくれるので冷却ジェルが不要です。冷たい思いをせずに済みますし、ジェルのふき取り時間も短縮できます。

ランキング第3位 銀座カラー

銀座カラー

「銀座カラー」は、ムダ毛の脱毛を行っている有名サロンです。

極力、肌に負担をかけないよう保湿ケアを重要視している「赤ちゃん肌脱毛」というコースに力を入れています。

また、他にもコースを取り入れているため、お試しに通ってみることも良いでしょう。

ランキング第4位 シースリー

シースリー

シースリーは光高速GTR脱毛を行っており、施術の際に掛かる時間が最短45分で、全身のパーツが一日でお手入れ出来ます。

またシースリーは完全個室制なので機密性が高く、隣の方の話し声が聞こえない完全プライベート空間で脱毛が出来ます。

ランキング第5位 プリート

プリート

プリートのハイジニーナ脱毛は、専門店だからそできる広範囲の施術が魅力です。

日本人の毛髪や肌に合わせた国産機器を使用しているため安心して施術を受けられます。肌のケアも充実しているので、脱毛と美肌効果が一度で手にできます。

ランキング第6位 ディオーネ

ディオーネ

身体のパーツごとにSとLというカテゴリ分けをして、S2箇所やL2箇所などでコース料金を設定してもらえるのがディオーネの特徴です。

S3箇所で施術6回につき3万6000円が必要になり、L3箇所で6万円という脱毛の料金設定になっています。

ランキング第7位 エステティックTBC

エステティックTBC

美容脱毛というと、腋やVIOゾーンが連想されがちですが、対象エリアは全身に渡ります。特に見落としがちなのが全身の産毛です。

エステティックTBCの脱毛コースはもちろんこの産毛にも対応しており、実施する事できめ細かい肌を手に入れる事ができます。

ランキング第8位 エピレ

エピレ

エピレは老舗エステサロンがプロデュースした脱毛サロンです。

リーズナブルな価格設定と若者でも利用しやすい雰囲気づくりがなされているので、若い女性でも気軽に利用することができます。もちろん脱毛技術にも定評があります。

ランキング第9位 ジェイエステ

ジェイエステ

ジェイエステは、脱毛やフェイシャル、痩身・ ボディエステ、遺伝子検査などを行っています。

全身脱毛では、32箇所から自由に回数と部位を選ぶことができ、40回で116,328円という安さです。東北から沖縄まで、100店舗以上を展開しています。

ランキング第10位 ラ・ヴォーグ

ラ・ヴォーグ

ラ・ヴォーグは、北海道から鹿児島まで、全国的に店舗を構える脱毛サロンです。

医療機関との連携によって、万が一事故が発生した場合は、専門の医療機関で治療を受けることができます。施術前には、無料でカウンセリングを受けることができます。

襟足のムダ毛をなくしたいときはうなじ脱毛を

首の後ろ側にある、髪の生え際部分を襟足といいますが、そこにムダ毛が多いと、肌が黒ずんでいるように見えてしまうので、ポニーテールをしたときに、綺麗に見られなくなります。

襟足がツルツルだと、肌が白く見られますし、浴衣姿も似合うようになるので、後姿が美人だと思われたい方は、エステサロンでうなじ脱毛をすることをおすすめします。

ツルツル肌にしたいなら脱毛の専門家へ

襟足の部分は自分では見えないため、ムダ毛が多くても気付かず、そのままにしている人も多いですが、たとえ誰かに指摘されて気付いたとしても、自分で処理するのは難しいでしょう。

処理出来たとしても、どこかにムダ毛が残ってしまう恐れもあるので、一本残らず完璧になくして、ツルツルの肌にしたいときは脱毛の専門家に任せるしかありません。

エステサロンには、きちんとした研修を受けた専門家ばかりが揃っているので、これから申し込もうと思っている方は安心して施術を受けるようにしましょう。

サロンの機器はどんな毛でも処理できます

サロンで使用する脱毛機器は、肌に負担を与えることなく、ムダ毛だけを処理できるように設計されているので、襟足に生えている細い毛や太い毛もまとめて処理することが出来ます。

施術後は美容ローションのおかげで、ぷるぷるした肌になれるので、うなじ脱毛に興味がある方は体験してみてください。

定額制で襟足の脱毛もできます

女性は、体のあらゆるところを脱毛しなければなりません。ワキだけではないのです。見えないところでも、しっかりと毛の処理をしなけばなりません。

最近では、襟足を脱毛する女性が増えていますまた、襟足を選択するお客さんは、かなり多いそうです。髪をアップにしたときに、毛深いとせっかくセットした髪型もだいなしになります。

ここを自分で処理できる人はいないと思います。もし、自分で処理したとしても、見た目が良くないと思います。ほとんどの方は、エステや美容整形クリニックなどへいき、処理してもらっているのだと思います。

美容整形外科クニリックは定額制が多い

おすすめは、美容整形クリニックによる施術です。レーザーを使っていますので、エステよりは、とても効果があります。

よく、美容整形クリニックでの脱毛ですと、定額制のところが多いです。襟足を含む自分の気になるところを選択して施術してもらえます。襟足のような、小さいパーツのところは安いです。

定額制でも大きいパーツと小さいパーツに分かれています。大きいパーツのほうが、高いです。

定額制ですと、いろいろなところが脱毛できますので、とてもお得です。ほとんどの美容整形クリニックで、キャンペーンをやっていますので、これを利用するとより安く施術ができます。

襟足の脱毛をしてこそ本物の着物美人

着物美人というと、どのようなイメージが浮かぶでしょうか。色白で美しい首筋、そしてアップした髪と美しいうなじではないでしょうか。

これらは江戸時代の美人画図をみても見て取ることができるほどで、昔から和服の女性の美しさはそこに結集していたとすらいえるのかもしれません。実は昔から着物美人の要素として欠かせないのが、お手入れされた襟足なのです。襟足は自分自身で見ることはできません。

しかしながら髪をアップにすると本人の予想外の視線が襟足に集まってくるのです。着物を着ていると後ろ襟をある程度開いて着こなすのが粋とされるのですが、そうすると尚更視線が集中することになるのです。

舞妓や芸妓といった人たちも襟足脱毛でお手入れしている

現在でも日常的に着用している人の多くが、襟足の脱毛や除毛を心がけています。たとえば舞妓や芸妓と呼ばれる人たち、茶道や華道、日舞といったものを教えることを仕事としている人がその代表といえるのではないでしょうか。

彼女たちはいかにすれば美しく着こなすことができるかということを十分に熟知しているからこそ、お手入れを欠かさないのです。

言い換えるのであれば、ムダ毛や産毛が伸び放題になっている襟足は、野暮ったさこそ感じさせますが、洗練された大人の女性とは結びつかないものなのです。

露出部分が少ないからといって油断は禁物です。脱毛で綺麗なうなじを手に入れて初めて、美しく着こなすことができるといっても過言ではないでしょう。

襟足脱毛は生理中でも施術は可能

髪をアップスタイルにすると、なんとなく気になるのが、襟足のゾーンです。自分では見えないものの、アップスタイルの髪型をチェックするときにムダ毛があると気になります。

周囲の人は、余計目につきやすくなるので、シェービングしないわけにはいきません。自己処理は大変ですから、脱毛してしまうのが楽ですし、見た目にもキレイです。

襟足は脱毛の痛みを感じやすい

襟足脱毛ですが、うぶ毛が多いゾーンです。施術を受けてみると、意外と痛みも感じやすく、広いゾーンではありませんが、医療レーザーなどの場合は、けっこう痛みに耐えることになります。

なるべく痛みを軽減できるように、自分でもできる対策をとることも大切です。

基本的に、肌を乾燥させないことは必須です。できるだけローションやジェルをつけて、日ごろから保湿を徹底しておくと良いです。体調にも敏感になっておくことです。

生理中は体のことを考えて脱毛は控えたほうがいい

特に女性の場合、生理の時は、体全体が敏感になっています。デリケートな時期でもありますから、痛みを感じやすい生理期間はずらしたほうが、良いかもしれません。

襟足は生理だから、施術ができないということではありません。肌が敏感になっている機関であることは、覚えておくと良いです。

冬に脱毛を始めるのがおすすめの理由

素肌を出す季節になると、脱毛のためにエステサロンやクリニックに通う人は増えます。ですが、毛には毛周期があり、1回の施術で照射できる成長期の毛はごく一部です。

ほとんどの毛は、退行期あるいは休止期にあるため、施術は複数回受ける必要があります。また、通う間隔は、毛周期に合わせて2ヶ月ほどあけなければいません。

ですので、ムダ毛が生えてこない状態にするためには時間がかかります。そのため、薄着になる季節に慌ててエステサロンやクリニックに通い始めても、処理をしなくてもいい状態にすぐになるとは言えません。

脱毛を始める前にプランを立てよう

では、いつ頃から脱毛を始めるのがベストなのでしょうか。プランを立てるには、まずはエステサロンとクリニックのどちらで受けるかを決める必要があります。

クリニックはエステサロンよりも施術効果が高く、3回くらいで自己処理があまり必要ではなくなり、6回ほどで完了します。一方、エステサロンではクリニックの倍くらいの回数と期間、通わなければいけません。

毛周期に合わせて2ヶ月おきに施術を受けると想定すると、クリニックなら冬頃がベストでしょう。そして、エステサロンなら1年くらい前からプランを立てる必要があります。

冬は紫外線の影響も少ないから肌トラブル回避につながる

また、冬に脱毛が適しているのは、紫外線による影響が少ないことも理由として挙げられます。光やレーザーは、毛の中のメラニンに反応する性質があるため、日焼けをしていると十分な施術効果を得ることができません。

そして、日焼けをした肌はメラニンを多く含むため、エネルギーを吸収し、やけどや赤みなどのトラブルにつながるリスクも高くなります。以上の点からも、高い施術効果を得るためには、日焼けをする心配のない冬がおすすめです。

襟足を美しく脱毛する仕組みについて

着物を着た時やアップスタイルのヘアアレンジにした時、襟足がキレイだと全体が美しくまとまります。そのような事から襟足の脱毛を希望する女性が多くいます。施術はエステサロンやクリニックなどで受ける事ができます。

脱毛サロンは短時間の施術と痛みも少ないのが特徴

脱毛サロンでは光脱毛を採用している事が多いです。光脱毛とは、メラニンにのみ反応する光を皮膚の表面に照射し毛根にダメージを与える手法です。毛根にダメージを与える事によって、毛を生えさせない様にする仕組みになっています。

黒い色素に反応するため、色素沈着が濃い部分や日焼けしている肌には施術が行えない場合があります。比較的短時間での施術が可能で、痛みも軽いものであると言われています。

クリニックなどで行われる医療レーザーと比べ、レーザーの出力は弱いですが、施術料金が安いのが特徴です。

綺麗に脱毛するために日頃気を付けることとは

多くのエステサロンではキャンペーンなどを定期的に行っているため、よりお得に施術を受ける事ができます。襟足は気付かない間に日焼けしてしまいやすい部位でもあります。

施術を予定している場合には、日焼け対策をしっかりと行う事が大切です。また、襟足の皮膚は薄いため他の部位に比べて痛みを感じやすいと言われています。痛みを軽減するには、日頃から保湿ケアを行うと良いと言われています。